エンジンズ2016

お久しぶりです。
いや〜久しぶり。
ブログ更新してませんね〜😅
ログインに少し手間取りました。(大丈夫か自分!)
さて、2016は少しエンジンズにとっても転期になるのかなって感じです。
もちろん活動して行くのは間違い無いのだけれど、過去とはちょっと違う形かも…

そうそう、この長いネット休止中もエンジンズは活性化していて、レコーディングしてたんですよ!
レコーディング久しぶりで、緊張しました。
3曲を録音し、メンバーでエンジニアのN田君にミックスダウンしてもらいました。
プロのエンジニアが入るバンドってそう無いですよね〜
しかも二人。
そのお陰か今年は帝塚山音楽祭に加えて、昨年お声がかからなかった新開地音楽祭にも出演決定しました!

で取り敢えずご報告まで、両音楽祭のスケジュールはすぐにアップしますので、少しお待ちください。




プロフィール

 

1998年元々幼なじみであったTp西田とAcc 柳本がキング・クリムゾンのライブで再会したことがきっかけになり、柳本の大学の知人関係であった(Tp寺地・B高松・Vo川端・Tb今井B.Sax今井)及びGの辻野と西田の仕事仲間であったDrの山中が合流、本格的なバンド活動が始まる。

2002年第16回帝塚山音楽祭に応募したことがきっかけとなってあちこちの音楽祭イベント・ライブハウスなどに出演するようになる。

当初はR&Bやスカなどがレパートリーであったが徐々に変質化、「民族音楽としてのロックンロール」をテーマとして活動し行くようになる。

ギニアのポップス、東欧クレズマー、バルカンビート、演歌、ラテンポップ、フレンチロック、70年代歌謡曲などある種節操のない音楽傾向と相まって,後に参加するukuleleの中園、Vlの丸田らによってロックバンドとしては多人数の12人編成となり音楽的世界漫遊に深みを増している。

2009年Perc.にリカコが新加入し、これによりリズム隊がより強化された。

2015年第29回帝塚山音楽祭に連続14回連続出場を果たした。

2016年 新ボーカル あゆが参加。あゆのエレガントなベルカント唱法と、エンジンズの野趣溢れるダイナミックが合わさって今後どんな展開を見せるか期待される。