BELLA CIAO

和泉の国ジャズストリート ライブ

9月24日は天気もよく、と言っても晴天ではなくて屋外でライブするのにはちょうどよい曇天。気温も例年ほど熱くなく、僕らにとってはやりやすいコンデションでした。

 

いつもこのジャズストリートで感心するのが沿道のお店、特に自動車販売店さんの協力が素晴らしいです。

今回も通常営業しているところで演奏させてもらってありがたかったです。

それも実行委員会さんの努力があったからだと思いますが、この地域の皆さんの音楽への熱い理解もあるのかなと思いました。

 

そのライブですが、演奏をひとしきり終え、撤収をしている時期せずして「アンコール・アンコール」との声が‥

 

オーディエンスの熱いコールに思わず感動しましたが、こうした音楽フェスのタイムスケジュールを守ることが大変重要なので、後ろ髪を引かれる思い出お断りしました。

 

今回は新曲 ベラチャオをエンディングに持ってきましたが、これが意外良かったのかな?

今後もセットリスト的にはその辺になるかも?

 

まぁこれはライブにご期待下さいネ!

 

ではではyoutubeにアップしましたので御覧くださいませ。

プロフィール

 

1998年元々幼なじみであったTp西田とAcc 柳本がキング・クリムゾンのライブで再会したことがきっかけになり、柳本の大学の知人関係であった(Tp寺地・B高松・Vo川端・Tb今井B.Sax今井)及びGの辻野と西田の仕事仲間であったDrの山中が合流、本格的なバンド活動が始まる。

2002年第16回帝塚山音楽祭に応募したことがきっかけとなってあちこちの音楽祭イベント・ライブハウスなどに出演するようになる。

当初はR&Bやスカなどがレパートリーであったが徐々に変質化、「民族音楽としてのロックンロール」をテーマとして活動し行くようになる。

ギニアのポップス、東欧クレズマー、バルカンビート、演歌、ラテンポップ、フレンチロック、70年代歌謡曲などある種節操のない音楽傾向と相まって,後に参加するukuleleの中園、Vlの丸田らによってロックバンドとしては多人数の12人編成となり音楽的世界漫遊に深みを増している。

2009年Perc.にリカコが新加入し、これによりリズム隊がより強化された。

2017年第31回帝塚山音楽祭に連続16回連続出場を果たした。

2016年 新ボーカル あゆが参加。あゆのエレガントなベルカント唱法と、エンジンズの野趣溢れるダイナミックが合わさって今後どんな展開を見せるか期待される。