【告知】ライブ@ロイヤルホース

9月の和泉国ジャズストリートからしばらくライブ活動は少しお休みしていたエンジンズ。
地下に?潜ってレコーディングしてました。
大阪市立の施設KOKO PLAZA
いつもお世話になっています。
ここは大きくて、録音機器も充実して素晴らしいところ。
今回はエンジンズ、新曲に挑戦です。
どんな曲なのかは、現在トラックダウン中なのでしばらくお待ちいただくとして、
今回は前回の「平和に生きる権利」に続いて全員バックコーラスしました。
調整室に陣取るボーカルのあゆから、叱咤激励が飛びましてなかなか励まされたのでございます…
というわけで今回のレコーディングも無事に終わり、前にも書いたように現在トラックダウン中。
もうすぐYouTubeで皆さんにお披露目できるので、期待してお待ちください。。
———————
さて、きたる3月エンジンズは大阪キタのライブハウス「ロイヤルホース」で松山からThe BlueLagoon Stompersさんを招いてライブを計画中です。
今回The BlueLagoon Stompersさんは新しいアルバムを引っさげてのレコ発ライブとなります。
私も視聴したのですが、これがかなり良く出来てて2018年自分のベストアルバムかと思っています。
その辺は改めて紹介したいと思っていますので、乞うご期待してくださいませ。
***ライブ@ロイヤルホース***
2018年 3月4日(日曜日)開場時間12:00 開演時間 12:30
場所 大阪 ロイヤルホース
チャージフードドリンク込みで3000yen

プロフィール

 

1998年元々幼なじみであったTp西田とAcc 柳本がキング・クリムゾンのライブで再会したことがきっかけになり、柳本の大学の知人関係であった(Tp寺地・B高松・Vo川端・Tb今井B.Sax今井)及びGの辻野と西田の仕事仲間であったDrの山中が合流、本格的なバンド活動が始まる。

2002年第16回帝塚山音楽祭に応募したことがきっかけとなってあちこちの音楽祭イベント・ライブハウスなどに出演するようになる。

当初はR&Bやスカなどがレパートリーであったが徐々に変質化、「民族音楽としてのロックンロール」をテーマとして活動し行くようになる。

ギニアのポップス、東欧クレズマー、バルカンビート、演歌、ラテンポップ、フレンチロック、70年代歌謡曲などある種節操のない音楽傾向と相まって,後に参加するukuleleの中園、Vlの丸田らによってロックバンドとしては多人数の12人編成となり音楽的世界漫遊に深みを増している。

2009年Perc.にリカコが新加入し、これによりリズム隊がより強化された。

2017年第31回帝塚山音楽祭に連続16回連続出場を果たした。

2016年 新ボーカル あゆが参加。あゆのエレガントなベルカント唱法と、エンジンズの野趣溢れるダイナミックが合わさって今後どんな展開を見せるか期待される。