2017年

5月

20日

帝塚山音楽祭❗️

おはようございます☀

サクラの季節もずーっと前に過ぎて風が快い季節になりましたね。

ライブ活動はちょとご無沙汰でした。

やっと告知できます。

第31回 帝塚山音楽祭 エントランスステージ決まりました!

第31回帝塚山音楽祭
日時 5月28日日曜日  14:15-
場所 帝塚山音楽祭エントランスステージ 大阪市住吉区万代池公園内 
交通機関  チンチン電車 阪堺線 上町線 帝塚山3丁目 下車スグ or 南海電鉄 高野線 帝塚山駅 下車 徒歩5分
詳細は

…どうでもええけど告知遅い?…

すんません。

速報!

今年の帝塚山音楽祭メインステージ(5月28日日曜日 14:00-)は

ブルーラグーンストンパーズさん!(from 松山)

おー!拍手👏

凄い。

ちなみにブルーラグーンストンパーズさん、松山での活動が今週号の雑誌SPA で紹介されてます。

…エンジンズと時間重なるんで残念ながらご一緒できない…
                                             (エンジンズほっといて観にっちゃろか⁉️)……ナイショやでナイショ

ではみなさん万代池公園でお待ちしてます!
0 コメント

2017年

2月

05日

新しい年のライブは岸和田市から

ブロク久しぶりの更新。

この間に色んなことが起って、少しブログを更新するのが遅くなりました。

さて、2017年のスタートはなんと岸和田。

それも浪切ホールと言う立派なハコ。
自分らでも驚きです‼️

今回は「和歌山大学岸和田サテライト1 0周年」のイベントに出させてもらいます。
岸和田の皆さんよろしくお願い致しますm(__)m

日時 2月11日(土曜日 祝日)
時間 16時~
場所 岸和田市立浪切ホール 小ホール

立派な方々の前でライブするってキンチョーしますね、、.💦
0 コメント

2016年

6月

16日

みんぱく音楽の祭日2016

暑いですね。
夏バテなんかしてませんか?
今自宅でこのブログ書いてますが、外ではカエルの合唱です。

さて、来る6/19 みんぱく(国立民族学博物館)で「音楽の祭日2016inみんぱく」に出張ライブいたします。
当日は入館料が無料になっておりますので、この機会にみんぱくを訪れてはいかがでしょうか?
日時   6/19 日曜日 14:50〜 みんぱく特別展示ホール
場所   万博公園内 国立民族学博物館 特別展示ホール
0 コメント

2016年

5月

20日

会いにきて!新ボーカルと帝塚山音楽祭

第30回帝塚山音楽祭そしてこれから…

会い来てアイラブユーってちょい古い音楽ですが、そんな他愛もない音楽でもええやんとか思う今日この頃のエンジンズのTです。
みなさんご機嫌如何ですか?
さて皆さん恒例の帝塚山音楽祭の季節がやってきました。
来ちまいましたか てつおん!

リハーサルと準備不足が心配される昨今ですが、
それはさておき、エンジンズこのところ変貌中です。

それは新ボーカル あゆが参加してくれたからです〜^^

少し驚かれたかと思いますが、様々なことがあって一挙急展開。
まぁ、それはそれとして
でも新鮮。

バンドにとってボーカルは顔ですからこのチェンジは冒険。
あゆのボーカル、エンジンズのサウンド。
少々最初は戸惑いもあったけど、良い感じになってきました。

どんな感じか?

それは帝塚山音楽祭 エントランスステージのお楽しみということで❗️

帝塚山音楽祭 エントランスステージ
5/28 土曜 14:55-
場所 阪堺電車上町線 帝塚山3丁目 下車すぐ 万代池公園
フリーライブ

そして、今年は松山市からあの伝説のハワイアンバンド the Blue Lagoon Stompersが、ついについに帝塚山音楽祭にやってきます!
個人的には自分のバンドよりこっちが楽しみやったりしてw


2016年

5月

08日

ビルの谷間に消えた音へ。

新開地音楽祭を終えて…

昨日は新開地音楽祭でした。
いろんなバンドがライブをしていて聞きに来てくれる人も様々で、そしてその雑踏の中に紛れて音はビルとビルの間に登っては消えて行きました。
音が泡のように弾け、弾けてから気がつくその儚さと美しさにハッとさせられるそんな1日。

バンドのパーフォマンス以前にライブで出てくる音たちは運命付けられてあるかもしれない。

リハーサルに挑み何回も何回も繰り返しながら、いざ本番にもつれてしまうことは、日々の営みに似てるような気がします。
反省、精進という抹香くさい言葉がしきりに出てくる居酒屋の紫煙の中で、みなの思いが交差するその中にこそ本当の音が隠れているのかもとか思いながら、電車に揺られたのでした。

みなさん聞きにくれてありがとうございました。 
音たちはあなたと私の間にあって、そしてライブが終わった後も鳴り響くことができますように…(T)
0 コメント

プロフィール

 

1998年元々幼なじみであったTp西田とAcc 柳本がキング・クリムゾンのライブで再会したことがきっかけになり、柳本の大学の知人関係であった(Tp寺地・B高松・Vo川端・Tb今井B.Sax今井)及びGの辻野と西田の仕事仲間であったDrの山中が合流、本格的なバンド活動が始まる。

2002年第16回帝塚山音楽祭に応募したことがきっかけとなってあちこちの音楽祭イベント・ライブハウスなどに出演するようになる。

当初はR&Bやスカなどがレパートリーであったが徐々に変質化、「民族音楽としてのロックンロール」をテーマとして活動し行くようになる。

ギニアのポップス、東欧クレズマー、バルカンビート、演歌、ラテンポップ、フレンチロック、70年代歌謡曲などある種節操のない音楽傾向と相まって,後に参加するukuleleの中園、Vlの丸田らによってロックバンドとしては多人数の12人編成となり音楽的世界漫遊に深みを増している。

2009年Perc.にリカコが新加入し、これによりリズム隊がより強化された。

2015年第29回帝塚山音楽祭に連続14回連続出場を果たした。

2016年 新ボーカル あゆが参加。あゆのエレガントなベルカント唱法と、エンジンズの野趣溢れるダイナミックが合わさって今後どんな展開を見せるか期待される。